猫なのにアレルギーが

 猫の食事ですが、魚を食べるのは日本とペルーぐらいだと、獣医さんから聞きました。そして、サイパンでバーベキューをしていた時に、海外の方が、猫にチキンをあげていて、それをバクバク食べていたのを見てビックリした覚えがあります。私が白身魚をあげたのですが、ほとんど食べませんでした。
 私の飼っている猫は、生のカニ、ホタテや魚を食べると猫なのにアレルギーが出ます。症状としては 頭にかさぶたができ円形脱毛症のように毛が抜けてしまいます。まさかアレルギーとは気が付かず、時折、飼い始めは人間が食べる魚などあげてしまってました。症状が出たときに動物病院へ連れていきましたが、近所の病院では、なかなか治らず、皮膚科の名医といわれている動物病院へ連れて行きやっと原因がわかり、脱毛もなおりました。それから、人間の食べ物はあげないようにしました。
 缶詰よりドライフードが良く、その方が長い生きするともアドバイスがあったので、7年間ぐらい、ほぼ同じドライフードのみで生活していました。サーモンの毛玉ケアのドライフードをあげていました。ところが、また、アレルギーの症状が出始めたので、近くの病院へ行ったら、サーモンのドライフードが良くないのではと言われ、病院のターキーのドライフードを勧められました。特に嫌がらず食べたので試してみましたが、値段が倍以上。でも、症状は治りました。ほっとしつつも、もう少し安いドライフードがないか探していました。
 ある時、書店で 猫版の買ってはいけない というような本があり見てみたら 病院のターキーのドライフードにバツがついており、最初にあげていたサーモンのドライフードにはマルが付いていました。なんだか複雑な気持ちになりました。なので、再度、サーモンのドライフードに切り替えました。でも、アレルギーの症状は出ず、現在もそのドライフードをあげています。
 もう一つ、ドライフードがいいと獣医んが言っていましたが、他の本には、ドライフードも缶詰も どんな食事でも食べられる猫にしておいた方が良いと書いてありました。理由は、病気になったりときなどや、歯の状態や、薬の服用時に対応できるようにとありました。これから年をとって病気になったりするかもしれないので、少しづつ色々な食事を与えてみようかと思います。
 猫も食事は、長い生きにとても影響すると聞くので、気を付けてあげたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA